東京都災害ボランティアセンター

トップページ

東京都災害VCとは

災害VC開設情報

情報共有会議

都内一斉街頭募金

ボランティア・バス研修会

いわきボランティア・プログラム

東京都災害ボランティアセンター

台風19号による東京の被害状況

台風19号の被害により、東京都内でも多摩川や浅川等の氾濫により、大きな被害が発生しています。

都内で被害が大きな被害が出ている地域は、大田区、世田谷区、調布市、狛江市、八王子市、青梅市、あきる野市、奥多摩町、檜原村です。


被害状況については、下記、東京都のウェブサイトをご覧ください。


◆東京防災ホームページ

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1006952/index.html

※災害救助法適用は28区市町村です。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1006952/1007051.html



ボランティア・NPO等による支援状況


都内区市町村で5つの災害ボランティアセンターが設置

被害のあった区市町村では、発災直後からボランティアセンターを中心に被害状況の把握、ボランティアの受入れを行っていましたが、現在、都内では応急対応として災害ボランティアセンターを立ち上げている地域はありません。区市町村の災害ボランティアセンターの設置・運営状況については、「 災害VC開設情報 」をご覧ください。


東京都災害ボランティアセンターを設置

東京都域では、10月15日より、東京都災害ボランティアセンターを設置し、東京全域での被害状況の把握・情報収集、後方支援活動を行っています。


東京都災害ボランティアセンターの活動

東京都災害ボランティアセンターとして、以下の取組みを実施していく予定です。東京の被害を最優先に対応し、その後は他県の支援についても検討していく予定です。


<東京都内・外共通の取組み>

(1) 情報共有会議の開催

(2) 都内一斉街頭募金


<東京都内への取組み> ※予定

(1)住宅再建勉強会や家の補修勉強会の実施時の相談・サポート

(2)生活再建時の支援プログラムの相談・サポート


<東京都外(他県)への取組み> ※予定

(1)様々な団体・セクターへのボランティア活動の提案

(2)ボランティアバス勉強会の実施

(3)ボランティアバスの運行

(4)プログラム支援



《 関連リンク 》

東京都災害ボランティアセンター

〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1
東京ボランティア・市民活動センター 内
TEL:03-3235-1171 / FAX:03-3235-0050

このサイトの著作権はすべて東京都災害ボランティアセンター
にあります。無断複製・転載を禁じます。